日焼け止めに記載されているSPF・PAの意味を知ろう!

公開日: : 最終更新日:2015/08/24 スキンケア講座

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。

紫外線が強い季節になりました。

HM053_L

皆さんはどんな基準で日焼け止めを選んでいますか?

SPFやPAの値?
塗り心地?
パウダータイプ?リキッドタイプ?
紫外線吸収剤?散乱剤?ノンケミカル?

日焼けしないようにするためのアイテムなので、
やはりSPFとPAの値は重要ですよね。

まずはSPF、PAの説明から!

SPFとは

SPFとは紫外線B波(UV-B)によってお肌が赤くなる(サンバーン)のを防ぐ性能を示した値です。

実際には、

——————————————————-
SFP=日焼け止めを塗った部位に紫外線を当てて赤くなったときの紫外線量÷何も塗らずに紫外線を当てて赤くなった時の紫外線量
——————————————————-

という式で計算されています。

人によって赤くなるのに必要な紫外線量が違うので、
被験者によってそれぞれの肌でのSPF値(どのくらい防御できたか)を算出し、
その値を平均したものがその製品のSPFとなります。

ポイントは、「紫外線量」で計算されているということ。

つまりSPFの値は、受ける紫外線量(B波)を<SPF値>分の1にするという数字です。

PAとは

PAとは、紫外線A波(UV-A)によってお肌が黒くなる(サンタン)のを防ぐ性能を示しています。
実はPAもSPFと同様に試験によって数値で表され(その数値がUVAPF)、それを4段階に分けたのがPAです。

—————————
PA+(UVAPF 2~4)
PA++(UVAPF 4~8)
PA+++(UVAPF 8~16)
PA++++(UVAPF 16以上)
—————————

日焼け止めにはUVAPFなんて書かれていないので
あまりピンとこないかもしれませんね^^;

PAもSPFと同様の意味で、受ける紫外線量(A波)を<UVAPF値>分の1にするという意味です。
SPFに比べると数字が小さいですよね?
つまりその分紫外線量を減らす力が少ないということです。

 

図で表してみました!!
日焼け止めを塗らなかった場合を100として「地表に届く紫外線」と表しています。

SPF・PAの違う日焼け止めの効果は?

 

今までSPFの値ばかり気にして、PAは気にしてなかった!
PAは、PA+で十分だと思ってた!
時間で計算してたから、日焼け止め塗ってる間は焼けないと思ってた!

 

こういう風に思ってたあなた、紫外線ダメージをかなり受けてるかもしれません・・・。
特に紫外線A波については肌が黒くなりにくい方もいるので、ダメージが目に見えない場合が多いです。

赤くなってない、黒くなってない=紫外線ダメージを受けていない、というわけではないので紫外線対策はきちんとしましょう!

次回は日焼け止めのよくある落とし穴についてお伝えしたいと思います!
こわ~~~~いけど、知って良かったと思える事実もあると思いますのでぜひご覧ください。


関連記事

日焼け止めの落とし穴①~日焼け止めを塗っている間は日焼けしない?時間の罠~

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。 前回は日焼け止めの基本、SPFとPAについて説明

記事を読む

知っているようで知らない?日焼け止めの「PA」のひみつ

紫外線がとても強い季節になりました。 天気も良く外出する回数も自然と増えますね。 日焼けをす

記事を読む

敏感肌を作っていませんか?敏感肌を作らない・悪化させないために気を付けるべき5つのこと

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。 敏感肌でお悩みのあなたっ、どんなお手入れ方法をし

記事を読む

モイスチャーマトリックスUVに西川からの挑戦状①

こんにちは。セラミド化粧品DSRの西川です。 最近、なんだかとても紫外線が気になってきました。

記事を読む

意外と知らない?日焼け止めの「SPF」のひみつ

紫外線が気になる季節ですが、 サンスクリーン製品はSPFの値が気になりますよね。 でも意外とSP

記事を読む

保湿ボディケアのポイント!

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。 前回は、身近に潜む体の乾燥の原因についてお話しま

記事を読む

化粧品が合わない?肌トラブル別、原因の見極め方。

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。 化粧品を付けて肌トラブルが起こったときは、 と

記事を読む

レチノールにまつわるあの噂を徹底検証!

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。 本日はいよいよ!レチノールについてのあの噂、この

記事を読む

シェルシュールの中でボディケアにおすすめな保湿アイテム

こんにちは、今の季節、お風呂上がりは太ももなどが乾燥して 痒くなる&赤いポツポツができるスタッフの

記事を読む

乾燥しやすい季節・・・体の乾燥を防ぐには?

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。 気温も湿度も低くなり、乾燥しやすい季節がやってま

記事を読む

  • Facebookでキャンペーンや新商品情報配信中

  • twitterでキャンペーンや美容情報配信中

  • オンラインショップ
PAGE TOP ↑