メニュー 閉じる

美肌の大敵!憎い【毛穴】を徹底解剖:あなたの毛穴ケア、大丈夫?

お客様
いろいろケアしているのに・・・毛穴ってどうにかならないんですか?
お客様
つるんとした陶器肌に近づく方法を教えて下さい!
スタッフ中村
まずは敵を知ることが大切!毛穴について、きちんと「知る」ことから始めましょう。

毛穴はなぜ開く?目立つ毛穴の原因とは?

顔には約20万個の毛穴が存在し、年齢や性別、顔の大きさに関係なく、毛穴の数はほぼ同じだと言われています。

毛穴が目立つ人と目立ったない人の違いって、何なのでしょうか?

人の顔には3種類の毛包がある

毛包とは、毛穴を開口部とする袋のような形状で、毛根を包んでいる皮膚組織のことで、これを一般的に「毛穴」と呼んでいます。

以下の3種類の毛包のうち、開いて見えるのは、皮脂腺が肥大した「脂腺性毛包」です。

開いて見える毛穴の特徴とその原因

1.毛の出口がすり鉢状に開いている

開いて見える毛穴を「毛穴が大きい」と表現しますが、開いて見えるかどうかは「出口の構造」が問題であり、毛穴の大きさが問題なのではありません。

 

2.角層細胞が不完全角化状態

1のすり鉢状毛穴を作る原因となっているのが、「不完全角化」です。

炎症や刺激によりターンオーバー速度が異常に早まった状態で、毛穴出口部分で異常な角層細胞を形成してしまいます。

3.皮脂分泌量が多く、皮脂に不飽和脂肪酸の比率が高い

不飽和脂肪酸とは、酸化されやすい性質の脂肪酸。

これが角化細胞を刺激し、2の不完全角化等、角化異常の原因になります。

角栓の正体は?断面図はまるで○○

毛穴が目立つ原因のもう一つは「角栓」です。

角栓とは、毛包内部の壁面から剥離した角質と、毛穴から分泌された皮脂が混ざりあったものが、毛穴に残って固まったものです。

角栓の正体角栓=不要な角質+皮脂

角栓は「角層がはがれる→皮脂で固められる」という工程を何度も繰り返しながら成長していきます。

皮脂の分泌だけではなく、洗顔のし過ぎや無理な角栓除去などによる刺激は角層を痛めつけ、異常な剥離を促してしまいます。

 

その結果、角栓の成長が余計に促進されてしまうのです。

スタッフ中村
【豆知識】角栓は皮脂と角層が幾重にも重なり、断面はまるで年輪のようになってるのよ!

毛穴悩み別おすすめお手入れ方法

開き毛穴

お手入れ方法

過剰な皮脂を優しくとり、きちんと洗顔を。油分が少なめの化粧品で保湿をして、炎症や刺激を和らげる。

おすすめ成分

  • 皮脂抑制・抗炎症効果のあるビタミンA(レチノール)
  • 皮脂抑制・抗酸化効果のあるビタミンC
  • 角化の正常化にセラミド

たるみ毛穴

お手入れ方法

真皮の老化でしずく型に垂れ下がっているので、コラーゲン量産を促してハリをアップ。紫外線対策も重要。

おすすめ成分

  • お肌にハリを与えるレチノール
  • コラーゲンの生成に必須・抗酸化効果のあるビタミンC
  • 肌のハリ・弾力を高めるペプチド

詰まり毛穴

お手入れ方法

やわらかい角栓は洗顔料で、固くなった角栓は酵素洗顔で除去。黒ずみ角栓には抗酸化成分を取り入れて!

おすすめ成分

  • タンパク質汚れを分解する酵素
  • 汚れを吸着するクレイ
  • 抗酸化成分としてパプリカエキスやビタミンC

 

シェルシュールには様々な美容成分を配合した、毛穴ケアにおススメのアイテムを揃えています。

スタッフ中村
成分別に検索できるので、チェックしてみてくださいね↓↓

限定品の「ハンドエッセンスクリーム(15g)が入った、数量限定クリスマスコフレは11月10日(木)午前10時発売開始。
シェルシュールのクリスマスコフレには限定品のハンドクリームが入っています。