メニュー 閉じる

食べられる成分だけで作った化粧品なら安心?

スタッフ西川
この化粧品、全部食べられる成分で作られてるんだって!

スタッフきくい
口紅やグロスだと、気になりますよね。
スタッフ西川
食べられる成分だけなら、口に入っても、お肌についても、安心だね!
社長
西川君、それは本当かな?

化粧品は食べても大丈夫?

化粧品は肌に使うものですが、口紅やリップグロスなどは知らず知らずのうちに口に入ってしまいます。

また、赤ちゃんに使うものは、うっかりしていると赤ちゃんが口に入れてしまいますね。

一般的に、化粧品に使われる成分は、安全性が確認されたものです。

化粧品成分の安全性とは、以下の指標等で判断されます。

化粧品安全性指標例・単回投与(急性毒性)
・反復投与(慢性毒性)
・一次刺激性
・連続刺激性
・光毒性
・眼粘膜刺激性
・アレルギー性
・光感作性
・変異原性

全てではありませんが、一般的に使用されている成分は、これをパスしています。

口に入れても大丈夫かどうか、は「急性毒性」や「慢性毒性」によって確かめられていますので、ほとんどの成分は少量が口に入っても大丈夫です。

社長
ただし毒性はなくても、お腹をこわしたり吐き気がしたりする場合もありますのでご注意ください。

なお、赤ちゃんは体が小さいですし、感受性も大人とは異なりますので、十分に注意してあげてくださいね。

食べられる成分だけで作った化粧品は安心?

スタッフ西川
「食べられる成分だけなら安心」じゃないの?
社長
私も化粧品の仕事を始めたばかりのころは、食べられるもので化粧品を作りたいと思っていました。

しかし、化粧品や皮膚のことを知れば知るほど、それは間違いだと気付きました。

例1)唐辛子や辛子、わさびなどの刺激物

食べられますが、皮膚につけると大変なことになります。

例2)レモンやグレープフルーツなどの柑橘系

フロクマリンという光毒性をもった成分が含まれているので、皮膚に塗ると日光に反応して紅斑や炎症などを引き起こします

(化粧品に用いられるものはフロクマリンを除去しています)。

例3)パイナップルやメロンなどの果実

プロテアーゼというたんぱく質を分解する酵素が豊富に含まれています。

この酵素は洗顔料にも配合されており、皮膚のたんぱく質汚れを分解してくれますが、長時間皮膚と接触しているとピリピリと刺激になります。

社長

食べて安全ということと、皮膚に付けて安全ということとは、全く別の次元なのです。

皮膚はある意味消化器官よりデリケート

消化器官は、日常的に外部から「異物」を受け入れていますが、皮膚は「異物」が外部から侵入しないようにバリアを形成しています。

皮膚は異物を消化・吸収する器官ではないのです。

そして、異物が侵入してしまった場合にはいち早く対応するための免疫センサーが張り巡らされています。

ですから、微量の異物にも反応してしてしまうことがあります。(=炎症等)

社長
皮膚はある意味、消化器官よりもデリケートだと言って良いと思います。

「化粧品規格」と「食品規格」

化粧品に用いる成分には高い純度と安全性が求められています。

そのため化粧品に用いられる成分はほとんどのものが、食品用のものに比べても精製度が高く、厳しい規格となっています。

私たち化粧品開発者は、化粧品の処方を組むとき、基本的には化粧品規格の成分を選びますが、どうしてもその成分に化粧品規格のものがなかったときだけ、仕方なく食品規格のものを使用することがあります。

しかし使いたい成分に化粧品規格と食品規格の両方があるなら、高価ですが化粧品規格のものを選びます。

社長
化粧品規格ほうが精製度が高く、純度が高く、皮膚に対して安全性が高いものが多いからです。

スタッフ西川
へぇ~、食品(野菜やフルーツ・食用油)を使った美容法とか化粧品って、なんか安全でお肌に良さそうなのに。
社長
食品だから危険ということではありません。しかし、「食べて安全」と「お肌に付けて安全」は、全く別の次元です。化粧品を手作りするときにも気を付けてもらいたいですね。お肌につけるものは、可能な限り「化粧品規格」のものを選んで頂きたいと思います。