メニュー 閉じる

肌老化対策に「抗酸化成分」→パプリカエキス「キサントフィル」の抗酸化力がスゴイ!

スタッフ西川
最近話題の「パプリカエキス」って、何がそんなにすごいの?
スタッフきくい
有名な抗酸化成分「アスタキサンチン」よりも、さらに抗酸化力が強いんです!
スタッフ西川
ふーん、抗酸化力ってそんなに大切なの?

お肌の老化対策には、抗酸化成分による「予防」が大切

お肌の老化(シワなど)の原因は、約80%が紫外線による光老化と言われています。

紫外線を浴びる
→活性酸素発生
→真皮のコラーゲン線維にダメージ

→シワ等の肌老化

一度変性したコラーゲンを元に戻すのはとても難しいので、真皮に及ぶシワは消えにくいんです。

スタッフ西川
ギャーーーッ!活性酸素怖過ぎる、紫外線対策しなきゃ!
スタッフきくい
実は、活性酸素は、大気汚染やストレスによっても発生します。
社長
呼吸するだけでも発生しますよ。

スタッフ西川
えっ←息止める どっ、どうすればいいんですか?
社長
体内には「活性酸素」を除去する機能が備わっていますが、「活性酸素」の攻撃からお肌を守ってくれる「抗酸化成分」で「予防」することが大切です。
スタッフ西川
ぷはっ!息止めなくてもいいんですね!抗酸化力ってすごい!
スタッフきくい
良い子は息を止めないでくださいね、止めても活性酸素は出ますから(笑)

パプリカエキスの抗酸化力

パプリカエキスの抗酸化成分「キサントフィル」

社長

パプリカエキスの抗酸化成分とは、赤いパプリカに含まれる赤色色素のことで、カロテノイドの一種です。

スタッフ西川
カロテノイドって、緑黄色野菜の成分?
スタッフきくい
そうです。カロテノイドは、さらに「カロテン」と「キサントフィル」に分類されるんですが、
パプリカエキスに含まれるこの「キサントフィル」の抗酸化力が強い!
と、注目を浴びているんです。

「キサントフィル」が抗酸化に優れているワケ

皮膚の細胞は「細胞膜」で覆われていますが、「活性酸素」はその「細胞膜」に継続的にダメージを与えて、シワ等、肌老化の原因を作って行きます。

その「活性酸素」による細胞への損傷を抑制してくれるのが、抗酸化物質です。

キサントフィルは「細胞膜への親和性」が高いという特徴があり、キサントフィルが細胞膜に分布することによって、活性酸素の攻撃から細胞膜を効率的に守ってくれるんです。

#イラストはイメージです

パプリカエキスの「抗酸化力」

パプリカエキスのキサントフィルは、日常生活で発生する以下の両活性酸素に対して、アスタキサンチンを超える抗酸化力を発揮することが分かっています。

また、今までカロテノイドには難しいとされていた、ヒドロキシラジカルに対しても有効で、直接的に構造中にトラップし、化学的消去機構によって消去できることが分かっています。

化粧品原料として「パプリカエキス」が優れている理由

これまで扱っていたアスタキサンチンの化粧品原料は、アスタキサンチン成分以外に、化粧品に配合しやすくするための成分がいくつか入っていました。

しかし、敏感肌のことを考えると、できるだけ余計なものが入っていないことが重要です。

パプリカエキスはそういった成分もシンプルなところが、敏感肌の方にぴったりだと思います。

なお、化粧品にはキサントフィルの種類名である「カプサンチン/カプソルビン」の名称で配合されています。

肌老化からお肌を守るために

夜だけでなく朝のスキンケアにも「抗酸化物質」

紫外線による活性酸素の発生を抑えるために、1日の紫外線を浴び終えた夜はもちろんのこと、紫外線を浴びる前の、朝のスキンケアに取り入れるのがおススメ!

こちらはビタミンCで説明していますが、パプリカエキスについても同じことが言えますね。

ビタミンC美容液で抗酸化:効果が高いのは朝塗り?夜塗り?

 

外からだけでなく、中からも「抗酸化物質」

また、抗酸化物質は、食物から体内に取り入れることも大切です。

パプリカエキスだけでなく、パプリカそのものを食べることも、とても効果的です!

DSRのオフィスでは、パプリカを入れたお弁当が流行中です。

 

スタッフT
安い日にスーパーでまとめ買いしてます!

また、パプリカエキスに使用されている品種は「パプリカ パレルモ」という、すごい大きい品種だそう!

スタッフM
コストコに売っていたので買ってみましたが、とっても甘かったですよ~。

以上、抗酸化ブームに沸くDSRオフィスからお届けしました!