メニュー 閉じる

DSRのSDGs取組み:ミニサイズのプラスチックケース削減会議中!ベーコンポテトパイがカギ?

こんにちは、ヒト型セラミド化粧品DSRの西川です。

DSRでは、SDGsの取り組みの1つとして、ミニサイズのプラスチックケースの削減に取り組んでおりますが、これがなかなか一筋縄ではいかず・・・。

本日は、アイディアを出し合うDSRの会議室からお届けします!

ベーコンポテトパイが解決のカギか?

ミニサイズ~環境に配慮した包装へ~

スタッフ中村
シェルシュールの化粧品のお試しミニサイズは、製品を守るためプラスチックのソフトケースに入れてお届けしています

社長
このプラスチックケースを廃止して、紙ケースを検討しまします。

 

なお、環境に配慮した素材であると認証された、FSC認証の紙を使います。

参考:FSC認証製品の種類と表示|FSCR応援プロジェクト

 

紙のケース選定で悩む~利便性とコストと環境と~

スタッフ中村
プラスチックケースと似たような形の、細長パターンと幅広パターンがあるの。

スタッフ西川
僕を勝手に伸ばさないでくださいっ!

 

スタッフ中村
幅広パターンだと、メール便の箱に3つしか入らないから、細長い西川君の方が有力ね。

スタッフT
ちなみに、今のパッケージはメール便で5つ入ります。

 

スタッフ中村
プラスチックケースと同じ形だと、ふたがしっかり閉まらないのよね・・・。

スタッフT
シールを貼らなくても、ふたが開いてしまうワケではないんですよね・・・

 

スタッフ中村
シールを貼ってきちんと閉じてみたけど・・・

 

スタッフT

私もイラっとします(笑)

真ん中あたりに「ぺりぺり」っと破れる部分をつけたらどうでしょうか?

 

スタッフT
ベーコンポテトパイは最近、期間限定販売なんですよね。
スタッフ西川
僕はアップルパイ派なので大丈夫です!
スタッフ中村
それ、確実にやけどするやつ!
社長
何の話か分かりませんが、その「ぺりぺり」を付けるとなると、コストが問題ですね・・・。
スタッフ西川
大丈夫です100円ですから!
スタッフ中村
アップルパイの話じゃないから!

 

と、某○クドネタで楽しそうに盛り上がっているように見える会議ですが、実際はなかなかシビアなのです。

 

環境への配慮を実現しながら、

  • 輸送中の品質を維持し
  • 商品を取り出しやすく
  • 法規を遵守

しつつ、結局は製品価格への転嫁となってしまう、

  • コストアップを回避

しなければ!

 

悩みは増えるばかりですが、解決しましたらまたご報告させてください!

 

DSR・シェルシュールは

お肌にも お客様にも 環境にも

優しい企業を目指して参ります

限定品の「ハンドエッセンスクリーム(15g)が入った、数量限定クリスマスコフレは11月10日(木)午前10時発売開始。
シェルシュールのクリスマスコフレには限定品のハンドクリームが入っています。