メニュー 閉じる

モイスチャークレンジングジェルJの開発秘話(3)

3

モイスチャークレンジングジェルJがお肌にやさしいのに優れたクレンジング性能をもっているのはなぜか?

今回はその謎にせまってみたいと思います。
科学的な推測が多分に混ざっていますので
ふんふんと軽い気持ちでお読みください。

洗浄のメカニズム

PHM12_0312

汚れるという現象は、汚れが皮膚(固体)表面に付着することです。
具体的には汚れは、メイクアップ成分(粉体や油分など)、たんぱく質、油分などであり、これらが皮膚に付着している状態です。
この汚れと皮膚との間の付着エネルギーを最小にして、汚れを皮膚から引きはがし、
再び汚れが皮膚に付着するのを邪魔することが必要です。

このために、まず洗浄成分は汚れの表面に付着する(「ぬれ」と言います)ことが必要です。
そして洗浄成分が汚れと皮膚との間に割り込んで汚れを「ぬれ」させることも必要です。

次に汚れと皮膚との間には、引力と斥力が働いており、引力が大きい場合に汚れが付着し、
斥力が大きくなれば皮膚から剥がれることができます。
洗浄剤は汚れと皮膚の間に入り込み、この斥力を大きくすることで汚れが皮膚から引きはがされ、
再び付着することを防ぐことができます。

液体汚れの場合、油滴となって皮膚表面から離脱する現象を「ローリングアップ」と言います。
洗浄成分が皮膚の表面に吸着して、界面張力を下げるために汚れと皮膚との接触角が大きくなり、
ローリングアップが起こります。

汚れは皮膚から剥がされて乳化または可溶化され、水に分散されて洗い流されていきます。

洗浄成分の特長

グルコシド系洗浄成分

モイスチャークレンジングジェルJに使用しているグルコシド系の洗浄成分、(カプリリル/カプリル)グルコシド、デシルグルコシドは非イオン性の界面活性剤に分類されます。

非常に低刺激で、タンパク質の変性を生じさせず、皮膚の保湿バリアを壊しにくい特徴があります。
また毒性もなく、生分解性にも優れています。

アミノ酸系洗浄成分

モイスチャークレンジングジェルJに使用しているアミノ酸系の洗浄成分、ココイルリンゴアミノ酸Naは陰イオン界面活性剤に分類されます。
一般的に陰イオン界面活性剤はタンパク質を変性され、刺激があるものが多いのですが、アミノ酸系の界面活性剤は非常に低刺激です。
特に、このココイルリンゴアミノ酸Naは極めて低刺激で、たんぱく質を変性させず、また眼や皮膚への刺激がほとんどありません。
同じアミノ酸系の界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naに比べても極めて刺激の低い洗浄成分で、皮膚のバリア機能を壊しにくい特徴があります。
また生分解性にも優れています。

mcgj-400

ここまでは推測ではなく、きちんと研究された事実です。
ここからが推測になりますが

モイスチャークレンジングジェルJがお肌にやさしいのに優れたクレンジング性能をもっているのはなぜか?

その答えは、洗浄成分として使用しているグルコシド系の洗浄成分とアミノ酸系の洗浄成分は極めて低刺激で皮膚のバリアをあまり壊しません。
またグルコシド系の非イオン界面活性剤は、陰イオン界面活性剤と併用することで陰イオン界面活性剤の刺激性をさらに低減させる効果があり、
皮膚への浸透性も抑える効果があると言われていますので、より一層低刺激になっているのではないかと思われます。

またこれらの界面活性剤は親水性と親油性のバランスがとてもよく、
皮膚と汚れの間に入り込みやすい性質をもっていて、そのため汚れを「ぬれ」やすくすることと
汚れと皮膚との間の斥力を高める効果があるために
優れたクレンジング能力を発揮するのではないかと推測されます。

これらの洗浄成分はタンパク質を変性しませんので、皮膚のバリア機能を壊しにくく
セラミドなどの大切な保湿成分の流出があまりないかもしれませんが
たんぱく質汚れには弱いかもしれません。
しかし一般的に私たちの皮膚のたんぱく質汚れは古い角質などぐらいですから
あまりデメリットとなることはないでしょう。

敏感肌でお肌の弱い方の洗顔料としてもおすすめできるアイテムです。

▶モイスチャークレンジングジェルJはこちら