メニュー 閉じる

中から外から「ビタミンB6」お肌に大切な栄養素・脂漏性皮膚炎との関連も!

社長

お客様のお悩みを伺っていると、食品からビタミン等の栄養をしっかり摂取して頂くことも、とても大切だと感じます。

今回は、口内炎で喋れない西川君に代わって、管理栄養士のきくいさんと、お肌に大切な栄養素「ビタミンB6」についてお話ししましょう。

スタッフきくい
ビタミンB6は、欠乏すると口内炎になりやすいですからね!
口内炎西川
首をブンブン縦に振る(相当痛いらしい)

ビタミンB6を食品で摂取する

ビタミンB6(ピリドキシン)とは


管理栄養士のきくいが解説します!

ビタミンB6は、お肌や筋肉など、人体のたんぱく質を構成するアミノ酸の代謝に深くかかわっており、皮膚や粘膜の健康を維持する大切な栄養素です。

欠乏すると湿疹、脂漏性皮膚炎、口角炎、舌炎、神経炎等が生じます。

社長
脂漏性皮膚炎でお悩みの方に、ご注目頂きたいですね。
口内炎西川
皆様もお気をつけくらさい(うまく喋れないらしい)

皮脂のコントロールに関わるビタミンB2と共に欠かせない栄養素です。

ビタミンB6は欠乏する?

ビタミンB6は腸内細菌からも作られ、通常の食生活では欠乏することは少ないですが、偏った食生活等をされている方は注意が必要です。

また、抗生物質を長期的に服用されている方は腸内細菌に乱れが起きやすく、注意が必要です。

ビタミンB6の推奨摂取量と目安

  • 成人男性:1.4mg/日
  • 成人女性:1.1mg/日

(マグロのお刺身換算で15切れ程度)

気になる方は、以下を意識してみて下さいね。

・ビタミンB6は肉やレバー 赤身魚に多い
・ビタミンB6は水溶性で煮汁に溶け出しやすいので、汁まで飲めるメニューだと効率的

なお、上限は45mg/日(成人女性)となっていますので、サプリメントなどで摂る場合には気を付けましょう。

参考までに、ビタミンB2を多く含む食べ物もご紹介いたします。

・レバー
・うなぎ
・納豆
・卵

化粧品でビタミンB6を補う~ビタミンB6誘導体~


ここからは医学博士の高岡が解説します。

お肌に欠かせないビタミンB6は、水溶性のビタミンですが、熱や光、酸化などに弱く、壊れやすいという特徴をもっています。

そのため化粧品には配合しにくい成分なのですが、熱や酸化に安定なビタミンC誘導体と同様に、ビタミンB6誘導体というものがあります。

 

ビタミンB6誘導体はビタミンB6に脂溶性の物質(イソパルミチン酸やジカプリル酸など)を結合させたもので、安定性や皮膚への浸透性がとても向上しています。

たとえばイソパルミチン酸が結合したトリスヘキシルデカン酸ピリドキシンは、フィラグリンという天然保湿因子(NMF)のもとになるたんぱく質の生産量を増加させ、保湿力を高めることが知られています。

スタッフきくい
ビタミンB6誘導体は毛穴の開きやバリア機能をサポートする働きがあるようで、乾燥肌の方や、毛穴の開きが気になる方におすすめです。

中から外からビタミンB6!

スタッフきくい
食品から摂取しつつ、ビタミンB6誘導体をお肌に塗ることで、中から・外から、お肌にアプローチすることができます。
社長
健康なお肌を目指される方、特に毛穴や乾燥肌でお悩みの方に、ぜひ注目して頂きたいです。
スタッフきくい
西川さんは、まずは食生活に気を付けてくださいね!
口内炎西川
はーい・・今日はすびませんでした(うまく喋れないらしい)