メニュー 閉じる

乾燥しやすい季節・・・体の乾燥を防ぐには?

こんにちは、セラミド化粧品DSRの中村です。

気温も湿度も低くなり、乾燥しやすい季節がやってまいりましたね。
顔の乾燥も気になりますが、体も乾燥しがち。
乾燥しすぎて、すねが粉ふき肌に!なんて状態になっていませんか?

しかも、粉ふき状態で黒いタイツをはくと・・・

あれ?タイツがプラネタリウム?

ってよく見たら、かさついて剥がれおちた皮が大量についている!!なんてこともありますよね。

体に比べるとおろそかになりがちなのが、体の乾燥ケア。
しかし体も、衣類の摩擦や長時間の入浴などが原因でダメージを受けています。
乾燥が気になる秋冬は特に、日々のボディケアを大切にしましょう。

 

体の乾燥を起こしがちな原因とその対策!

・入浴時に

寒い季節といったら、あったか~~いお風呂に入りたくなりますよね!

熱いお湯につかることは、お肌の乾燥を引き起こす原因の1つ。
お肌の保湿バリア成分であるセラミドなどがお湯に流れ出てしまうのです。

だからといってぬるいお湯で入浴してくださいね・・・とは言いません!

まずは熱いお湯で保湿成分が流れてしまうことをきちんと意識しましょう。
その上で、熱いお湯で入浴したときや長時間入浴した時は、
お風呂から上がった後にセラミドを補えば大丈夫です。

適度な入浴時間を心がけて、お風呂からあがったらすかさず保湿ケアをしてくださいね!

 

・体を洗う際に

顔も部分によって皮脂の量が違うように、体も場所によって皮脂の量が違います。
皮脂や汗が多いところは吹き出物ができやすかったり、
においや汚れがたまりやすかったりします。
しかし、皮脂や汗の少ないところはそうでもありません。

皮脂・汗の多い部分と同じように皮脂・汗の少ないところを洗うと、
乾燥の原因に
なってしまいます。
洗浄力の強いボディソープや石けんでのゴシゴシ洗いはしないように気をつけましょう。

体の中では、背中、胸の真ん中、脇の下、へそ、陰部が皮脂の多い部分です。
また、手の平や足の裏は皮脂線はなく、その代わりに汗腺が発達しています。
皮脂の多い部分や汗のでやすい足の裏などは、毎日石けんなどで洗うのがおすすめです。

それ以外の部分はお湯だけでも軽い汚れは落とせます。
毎日石けんでごしごし洗わないようにしましょう。

(スポーツなどで汗をかいたりした場合は、石けんなどで洗ってくださいね!)
bath

 

・お風呂から上がったときに

みなさん、冬に唇が乾燥してついつい舐めてしまうことってありませんか?
でも舐めると余計に乾燥してしまう・・・。

そういったことが、もちろん体でも起きます。
体についた水分が蒸発するときに、
もともとお肌にあった水分も蒸発しやすくなります

ですので、お風呂上がりは体についた水分をふき取ることが大切です。

また、見落としがちなのが体の拭き方。
タオルでがしがし拭いてしまうとお肌に傷がつき、乾燥しやすくなります。
柔らかいタオルで優しく押さえるように拭きましょう

 

・エアコンで暖房をつけるなら

もちろん、エアコンで暖房をつけると部屋の湿度が下がり、お肌が乾燥してしまいます。

部屋の湿度を上げるために加湿器を使ったり、
洗濯物を干したり、観葉植物を置いたりするのもおすすめです!

 

次回は、体の保湿ケアのポイントについてお話します!