メニュー 閉じる

UVケア製品開発の苦悩:キシキシ感軽減の秘訣とは?界面活性剤を「極限まで減らす」ということ

スタッフ西川
夏は終わったのに紫外線ネタ?
スタッフT
シワ・シミを招く「紫外線A波」は、秋冬も活発ですよ。

リモート中村
だからこそ、お肌への負担が軽い日焼け止めで、UVケアを毎日の習慣にして欲しいんです。
スタッフT
でも、お肌に優しい日焼け止めって、キシキシ感が出るの多いですよね・・
スタッフ西川
そこで、モイスチャーマトリックスUVが、お肌に優しいのに、キシキシ感をあまり感じない理由を、開発者である社長に聞いてみました!

 

お肌に優しい日焼け止めにありがち「キシキシ」感軽減の秘訣

リモート中村
お肌への負担が大きく、まれにアレルギーのある方もいらっしゃる「紫外線吸収剤」の代わりに、「紫外線散乱剤」を多く配合して、高いSPFを出そうとすると、キシキシ感が出ます。
社長
紫外線散乱剤である、酸化チタンや酸化亜鉛のような粉体は、キシキシ感がどうしても出てしまうのが悩みどころなんですよ。

 

 

一般的な解決策・分散剤としての油分を増やす→ベタつきの原因に
・紫外線吸収剤を配合する→洗顔料では落としにくくなる
・キシキシしにくいナノの散乱剤を主に使用する
モイスチャーマトリックスUV独自の解決方法・直接お肌に触れないコーティングされた吸収剤の併用
不必要に高いSPFを出そうとせず、散乱剤の使用を抑える
コーティングされた適度な大きさの、ナノ紫外線散乱剤を使用
社長
ナノでもお肌には入りにくい、というデータもありますが、「そのまま」で「高濃度配合」するのは、敏感肌化粧品の開発者としては控えたいのです。

 

ナノ化対応についての解説はこちら↓

モイスチャーマトリックスUVに西川からの挑戦状②塗り直し問題・乾燥しない理由・白浮きとナノ化問題

 

社長
これで、べたつきや刺激を抑えながら、キシキシ感の原因となる、紫外線散乱剤の量を大幅にカットできました。
スタッフT
だから、お肌に優しいのに、キシキシ感・べたつき感が軽減されてるんですね。
スタッフ西川
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤のいいとこどりですね!
社長
珍しくいい事言いましたね。Tさん、西川君に座布団一枚お願いします。

 

社長
モイスチャーマトリックスUVは、さらに一段、お肌への優しさを追求しています。

界面活性剤を極限まで減らす

界面活性剤の使用が不可欠な理由

シェルシュールでは、お肌のバリア機能であるセラミドを補うことを第一に考えており、日焼け止めもセラミドを補う美容液をベースにして開発を始めました。

そのため、

・油性成分:紫外線吸収剤自体、散乱剤を分散させるための油分
・水溶性成分:セラミド美容液の主な成分

を安定的に配合するため、界面活性剤の使用が不可欠です。

 

日焼け止めにおける界面活性剤処方の解説はこちら↓

モイスチャーマトリックスUVは、ウォーターベース?オイルベース?

 

社長
しかし、むやみに配合すれば、お肌の刺激になりかねません。

シェルシュールは敏感肌のための化粧品ですから、モイスチャーマトリックスUVの開発では、ラメラ構造構築以外の界面活性剤をいかに減らせるかを、最重要課題の一つとして取り組みました。

 

天然水溶性高分子と「余力」で?

実は、モイスチャーマトリックスUVは、モイスチャーマトリックスNをベースとしていますが、紫外線吸収剤・散乱剤を配合するにあたり、界面活性剤は新たに加えていません。

社長
つまり、界面活性剤は、セラミドのラメラ構造とリポソーム化に使われている界面活性剤のみです。
リモート中村
え?紫外線散乱剤(粉体)の分散に、油分を追加してるのに?
スタッフT
油性コーティングされた酸化チタンは、誰が乳化するの?

粘度の調整に使っている天然水溶性高分子(カンテンとキサンタンガム)には、乳化の力もあるので、一人二役で頑張ってもらいました。

さらに、界面活性剤のわずかな余力で補っています。

乳化できるギリギリの状態ですが、これで敏感肌の方にも刺激を極限まで抑えられたと思います。

#紫外線吸収剤のコーティングに界面活性剤が使われていますが、これは油分として働いています。

1番人気のセラミド美容液「モイスチャーマトリックスN」

スタッフ西川
あのぉ、モイスチャーマトリックスNに界面活性剤の余力があるなら、なぜ減らさないんですか?

界面活性剤の余力がなければ、きれいなラメラ構造やリポソームができずに壊れやすくなってしまうので、モイスチャーマトリックスNとしての適度な余力を設定しています。

それでも肌には安全性の高い界面活性剤なので、特に敏感すぎる人でない限り安全です。

 

モイスチャーマトリックスUV

 

リモート中村
敏感肌の方は「美白美容液」等は刺激になりやすいので、何より予防が大切です!
スタッフT
低刺激で使いやすいモイスチャーマトリックスUVで、秋冬も紫外線ケアをお願いします!

 

UVケア製品開発の苦悩:ウォーターベースでお肌に優しく耐水性アップさせた秘策