敏感肌,脂漏性皮膚炎,酒さ,ニキビのスキンケア情報を発信

成分徹底解説

成分徹底解説

界面活性剤はバリアを壊す?セラミド化粧品には欠かせない、バリアを作る界面活性剤

「界面活性剤はバリア機能を壊す」という情報が多いですが、界面活性剤にはさまざまな種類があり、バリア機能を壊すもの、影響しないものもあります。実は敏感肌のためのセラミド化粧品は、バリア機能を高めるために界面活性剤が使用されています。界面活性剤を知ると、避ける必要がない商品が分かります。
乾燥肌

敏感肌改善に「カルシウム」を塗る?医学博士がその理由を解説

カルシウムを肌に直接塗る!?敏感肌を研究する医学博士が「カルシウムは敏感肌改善に必須!」と力説する根拠を詳しく解説します。カギとなるのは、お肌の第二のバリア、タイトジャンクション。このバリアを強化するカルシウムを肌に補うと…
成分徹底解説

敏感肌に必須!カルシウム配合おススメ化粧品まとめ

カルシウムは、うるおいバリアを高め、キメを細かく整え、敏感肌の肌荒れをケアしてくれる、お肌に必須の成分。この記事では、医学博士が厳選した、敏感肌でも使う価値のあるカルシウム配合化粧品をご紹介します。
成分徹底解説

セラミド化粧品は応急処置?お肌のバリア機能回復のカギとは?

保湿やお肌のバリア機能に重要な「セラミド」は、お肌にもともとある成分。それをセラミド化粧品で補っても、応急処置に過ぎないんじゃない?そんな疑問にお答えします。 セラミド・ターンオーバー・炎症の関係から、敏感肌の悪循環を断ち切るカギが
成分徹底解説

グリセリンでニキビができる、実は嘘!?医学博士がウワサを検証

ニキビにはグリセリンフリー!ネットで拡散される情報を鵜呑みにしていませんか?ニキビの発生段階とアクネ菌の異常増殖、水溶性保湿成分、お肌の常在菌バランス、といった視点で医学博士が検証して行きます。
成分徹底解説

セラミドは保湿力が低い?ラメラ構造が大切な理由と見極めポイント

セラミドは保湿力が低いというウワサの真偽を、医学博士が丁寧に解説して行きます。セラミドがその高い保湿力を発揮するための条件「ラメラ構造」とは?成分表示から見極めるポイントを学び、セラミド化粧品をチェックしてみましょう。
成分徹底解説

医学博士が注目!2023年敏感肌を改善する新成分5選

医学博士が注目する、敏感肌におススメの新成分5選を解説。乾燥や肌荒れ、ニキビや毛穴、テカリ、酒さ、脂漏性皮膚炎等でお悩みの方に。抗炎症や、バリア機能改善、神経伸長抑制、肌の善玉菌アップ、皮脂抑制効果、抗酸化作用等が期待できる成分です!
成分徹底解説

敏感肌のための香りの開発秘話:Youtube動画で社長が熱弁しております!

スタッフ西川敏感肌と言えば、無香料!香り高い美容液って、敏感肌に必要なの?刺激になるんじゃない?て思ったの、僕だけじゃな...
成分徹底解説

これってグリセリン?成分名から「グリセリンフリー」化粧品を探したいなら必見

こんにちは、ヒト型セラミド化粧品DSRの中村です。最近、グリセリンが苦手なお客様から、「これってグリセリンですか?」と、...
成分徹底解説

浸透型セラミドNPは【シワ・たるみ】に攻め効果!従来型セラミドNPとの違いを医学博士が解説

セラミドって、バリア機能で「守る」だけじゃないってご存じですか?シワ・たるみに効く、敏感肌脱出につながると、今大注目の「...
乾燥肌

【保存版】セラミドの知らざれる秘密を大公開「あなたはどれだけセラミドのこと知ってる?」

スタッフ西川こんにちは、ヒト型セラミド化粧品DSRの西川です。スタッフ中村西川君、その「ヒト型セラミド」って、何か説明で...
ニキビ肌

次世代レチノール「バクチオール」に注目!敏感肌でも美肌効果を狙える理由とは?

次世代レチノール(第2のレチノール)と呼ばれる、低刺激ながらも美容効果が高い成分「バクチオール」を知っていますか?この記...
お肌のお悩み・ご相談

アゼライン酸~ニキビ・酒さ・脂漏性皮膚炎への効果:化粧品への配合技術~

ニキビや酒さ、脂漏性皮膚炎などに効果があり、今大注目されている「アゼライン酸」。その作用や安全性、化粧品への最新の配合技...
成分徹底解説

シェルシュールで使用している【植物系エキス・成分】まとめ

シェルシュールでは、一部の化粧品に「植物系エキス・植物油・植物由来成分」を使用しております。それらのリストを、科目名と合...
成分徹底解説

セラミド美容液と界面活性剤のカンケイ~なぜセラミド濃度が高いと刺激になる?~

スタッフ西川社長!新商品に「界面活性剤フリーのセラミド美容液」ってどうですっ?(ナイスアイディア俺)社長残念ながら却下で...
ニキビ肌

アゼライン酸にピーリング効果はある?こんな肌は使用を控えて!

アゼライン酸にピーリング効果はありません。アゼライン酸には角化抑制効果がありますが、誤解されがちなピーリング効果との違いを医学博士が解説します。また、アゼライン酸を控えた方が良い肌質もありますので、必ずチェックしてくださいね。
スキンケア講座

オールインワン化粧品って何?シェルシュールの定義は3つの〇〇が1つで補えるアイテム

スタッフ西川オールインワン化粧品って、ほんと便利だよね。スタッフT忙しい朝にこれ一本って、ほんと助かる!スタッフ中村子供...
光老化・紫外線対策

ビタミンC美容液で抗酸化:効果が高いのは朝塗り?夜塗り?

【2023年最新】ビタミンC美容液を朝塗るとシミになる!という「誤解」を解き、医学博士がその根拠となる光毒性を解説。紫外線による光老化から肌を守る、ビタミンCの抗酸化力を生かした効果的な塗り方とは…朝塗る?夜塗る?どっちが正解?
光老化・紫外線対策

【レチノールの噂】シミが増える?朝はダメ?医学博士が検証!

化粧品に配合される「レチノール」の噂について、医学博士が丁寧に解説。日中塗ると日焼けする?光毒性がある?シミが増える?いや、薄くなる?朝は塗っちゃだめ?紫外線防御効果がある?レチノールとレチノール誘導体との違いも含め、情報を整理します。
成分徹底解説

化学物質は肌に悪い?合成化学物質・石油由来成分・防腐剤は入っていません?

社長化学物質の入った化粧品と言うと、どんなイメージを持ちますか?スタッフ西川なんとなく、肌に悪そうなイメージ!スタッフT...